よく道を聞かれ、話しかけられる人でした

初めて道、というか場所を
聞かれたのは、中学生の時です。

学校帰りにある高校の前を歩いていたら
見知らぬ大人の若い女性に
「○○高校ってどこですかー?」
と、突然聞かれ
「ここです」
と、目の前の建物を指さす私。
ビックリして、笑ってましたw

もう夕暮れで、暗くてよく見えなかったのと
その高校の建物が
あまり高校らしくない建物だったので
分からなかったのでしょう。

その後は老若男女、国内海外
あちこちで道を聞かれました。

海外では道だけでなく
(道なんか答えられないし!)
レストランでは、ソレ何食べてるの?とか
(これはメニューを指して教えられた)
土産屋では、ソレどこにあるの?とか
(店員に聞けよ、と思いつつ案内する私)
飛行機やバスで
隣席のおじさんに話しかけられるのには
もう慣れました。

国内では
横断歩道で信号待ちしてるだけなのに
ばあさんに話しかけられたり
スーパーでも(店員に聞けよ)
駅でも(駅員に聞けよ)

もー、何なの?

と、思ってました。

最近、そういう人が結構いることを
ネットで知り、仲間だw
と思いました。
理由もそれなりに書いてましたが
真実は誰も分からないですよね。


なんですが。


最近、道を聞かれることが
めっきり減りました。
あ、ゼロではないですw

まず思い当たる節といえば、やはり
正真正銘のオバサンになったことですかね。
日中そこら辺をほっつき歩いてる
オバサンって
あまり頼りにならない印象です(偏見w)
私も聞きません。

さらに
前にこんなことを書いたように
私自身が、人にモノをたずねる機会が
激増したのも、関係している気がします。

道を聞かれる人の特徴として
自分は人に聞くことが無い
もしくは
人に声を掛けて、聞くことができない
んじゃないでしょうか。
自分でどうにか解決しようとしがち。

私もそうでした。
特に聞く必要もなかったからです。

でも、最近はそうもいかず
聞かなきゃ解決できない場面も…
老化でw

そこで、ハタと気づいたことはコレ。

「誰からも道を聞かれるくらい
害も無さそうで良い人そうに
人から見られている、ということは
自分から声を掛けても
怪しい、と避けられることもなく
相手もわりと親切にしてくれる」

海外では、困ったときは
ガンガン聞きまくる方なのですが
たしかに、たいていは
親切に対応してもらっていました。

でも、これは海外だから、
海外限定、と思ってました。

数年前から少しずつ
国内でも困ることが増え(汗
恐る恐る、周りの人にたずねてみると
アラ、皆さんお優しい~
日本人て、日本人にも親切なんデスネ~
(偏見その2)


私は、どちらかというと不親切なタイプです。
今までは
それでも道を聞かれるから、しょーがなく
答えてきたような人間でした。
(失礼な人は無視したことも多々)
こんな私でも、いろんな人に頼ってもらうことで
ほんの少しだけど、知らず知らずのうちに
徳を積んでいたのかもしれません。

これからは
尋ねてばかりの年寄りになりそうですが
せめて礼儀を尽くして
丁寧に尋ね、きちんとお礼を言うよう
心掛けたいと思いました。

老いって、やっぱり
実際に老いてみないと分からないわ!
と思いつつ…
もう聞かれることは減る一方だろうから
タイトルは過去形にしてみました。
願望も込めてw
やっぱり聞かないでほしいんですよ(-“-)
他の人に聞いてくれ~

タイトルとURLをコピーしました