更年期主婦の、最近のお気に入りサプリ3点

私は更年期ではありますが
ホットフラッシュはまだありません。
婦人科で血液検査もしておらず
ただ、調子悪い~という感じです。

少し前までは漢方もいい感じだったのですが
生理が無くなったら(術後一年)
体質が変わってきたのか
効果が感じられなくなってきました。

そんな私が、最近飲んでいるサプリを
3つ、紹介します。

まず、マグネシウムです。
ある朝起きたら
手というか、指がこわばっていて

ナニコレ?リウマチとかなの!?

と、ビビってネットで調べたら
「筋肉がつる人はマグネシウム不足である」
というのを見つけました。
また「便秘にも効果的」とあったので
試しに飲んでみたら
手のこわばりはなくなり、ひと安心。
便秘も、劇的とは言えないけど
なかなか良い感じです。

私はアメリカ産の
マグネシウムのみのサプリを買っています。
日本ではどうやら
マグネシウム単体で販売してはいけないらしく
だいたいカルシウムと抱き合わせになっています。
私はカルシウムをサプリで取るのに
なんとなく抵抗があり、単体にしています。
完全に閉経して
カルシウム不足が心配になったら
日本のサプリでもいいかもしれません。

次は、ナイアシンアミドです。
こちらは藤川徳美先生のブログで
よく紹介されている、ビタミンB群のひとつです。

風呂で湯船に浸かってると
足首周りが猛烈に痒くなる時がありました。
これは、 冷えとりをやったら
始まった現象でした。
冷えとりは昭和メソッドなので
痒ければ、風呂の中で掻きむしればよい
ってのがセオリーです。
私もバリバリ掻いてたんだけど…

掻いているだけでは、ダメなんですよね。
糖分を止めれば、そもそも痒くなくなるのです。

でも、なかなか難しいですよね。
たまには甘いもの、食べちゃいますよね。
で、いろいろ調べてて思い至ったのは…

まず痒みの原因は、ヒスタミンです。
アトピーの人なんかは、ステロイドで
ヒスタミンを封じ込めようとするんだけど
冷えとりは、あえて掻くことで
ヒスタミンを皮膚から出そうとする
行為らしいです。

ナイアシンを取ると
ヒスタミンを体から出そうとします。
それがナイアシンフラッシュです。

アトピーの人は体内のヒスタミンが多そうだから
ひどいことになりそうだけど
もともと身体中のヒスタミンが少ない人は
フラッシュはそんなに起きないはずです。

でもフラッシュが起きたら嫌なので
私はやや弱めの、ナイアシンアミドを
試してみることにしました。

結果は、風呂に入っても
足首の痒みから解放され
掻きむしる必要もなくなりました。

痒みとは別に、ナイアシンは
ウツ症状にも効果があります。
私は生理は無いけど排卵があるので
生理周期によって、なんとなく落ち込んだり
浮上したり、という波があります。

しかし、その波が少しだけ
小さくなった気がします。

ナイアシンアミド、かなり気に入って
こちらもアメリカ産を購入してます。
日本には、ビタミンB群のサプリしか
見当たらないような…

ナイアシンアミドに体が慣れたら
次はナイアシンにしてみるつもりです。
ナイアシンにはさらに、体内脂肪も
減らしてくれるらしいので、楽しみです。
閉経すると、コレステロール値が
一気に上がり始めるらしいですから。

ちなみに糖分を消費する際
ビタミンB群が大量消費されるそうです。
ナイアシンを無駄遣いしないためにも
糖分を減らすのは大前提ですね。
体を健康にするために必要なのは
甘い糖分ではなく
プロテイン、タンパク質です。

最後は、です。
食事で必要量の鉄分を取るのは、まず無理です。
女ならなおさら、サプリで飲んだ方が簡単ですね。
藤川徳美先生によると
欧米では、食品に添加するのを
義務化されているので
鉄分不足による貧血の人は、いないそうです。
ウツ気味なのも、鉄不足が原因です。

こちらも私は
アメリカ産のキレート鉄のサプリを取ってます。
さすがはサプリ大国、すごいです。
日本よりも大容量で、安上がりなんですよね。

私の場合、日本でメジャーな
「ヘム鉄サプリ」を飲むと
確実に、下します。お腹ぴーぴーです。
便秘薬として使えそうです。

昔は普通に飲めたんですけどね。
今では全く、身体に合わなくなってしまい
ヘム鉄の入ったサプリは全滅です。
マルチミネラルも飲めません。

プロテインを飲み出して
そろそろ2年くらい経ちます。
体質って、この歳でも変わってくるものですね。
また、自分がここまで
アメリカサプリかぶれになるとは…
我ながら驚いています。

タイトルとURLをコピーしました