オンライン英会話で一番苦労したこと

オンライン英会話って、便利ですよねー

今ではコロナの影響もあり
オンライン英会話が当たり前かもしれません。
高額高品質を謳う所もありますね。

私が熱心に勉強していた7,8年前は
フィリピン人講師の英会話が流行っていて
とにかく安くて助かりました。
毎日レッスンを受けて、ひと月数千円、とか。
今でもたくさんありますね。

ま、実際には
「毎日、自宅で」と言われても
毎日受けるほどの根性は無かったです。
週に2日、多くて3日が限界でした。

また自宅だと、部屋の様子が丸見えで(汗
映るモノにも気を使うし
普段の私はトンデモ部屋着なので
レッスンの時だけ、まだマシな服に着替えたり
(しかも上だけ)

あー、なんか
リモートで働くのと似てますね。
「スッピンでは無理」
なんて人だと、さらに面倒そうですが
音声だけのレッスンはやりにくかったしなあ。



オンライン英会話は、最終的には
あるマイナーな所に、一番長く
お世話になりましたが…
そこに落ち着くまでが大変でした。

とにかく、たくさん体験しました。
無料体験ばかりしていると
自己紹介だけが、上達します。

私の体感では、TOEIC600点程度だと
マンツーマンは、お勧めしないですね。
フィリピン人の英語も聞き慣れないし
会話もろくに成り立ちません。
だから、フリートークは避けて
カランメソッドとかやってみたけど…
一般的な25分のレッスンが長く感じ
ただもう、グッタリでした。
何の効果もなかったです。

レッスンが楽しくなってきたのは
TOEIC800点を超えてからでした。
このくらいになると
会話もようやく弾むようになります。
フィリピン人に限らず、どこの国の英語でも
結構聞き取れるようになってくるので
25分どころか、50分話しても
全然大丈夫でした。


さて。
タイトルの話です。
私がオンライン英会話で一番苦労したのは

先生選び

でした。
星の数ほどスクールがあり、そこには
星の数ほど先生がいるので…
最初は手あたり次第、レッスンを受けるしか
ないんですよねー
感じの悪い、偉そうな先生もいましたし
若くても、気の合う先生もいました。
オジサン先生のレッスンも受けましたが
歳が近く、本当に気楽に話せましたw

私は、800点を超えてからしばらくは
オンライン英会話は
「英語を話すことに慣れる」
という目的で利用していたので
フリートークレッスンばかりでした。

だから、先生選びの基準は
「楽しいかどうか」だけ。
先生の人柄や相性を重視しました。

なんですが。

英検準1級の勉強をしていて
「この調子だと、1次は受かりそう」
と、手ごたえを感じ始めた時
フリートークレッスンが急に
無駄に思えてきました。勝手ですね~

なので、2次試験対策として
意見を英語で書いた文章を
レッスン中に添削してもらおう!
と、思いつきました。

そして
フリートークで楽しく話していた先生たちに
頼んでみたら…
なーんか、違うんです。
程よい添削をしてもらえませんでした。

先生にも、得手不得手があったようです。
ここから
添削に強い先生探しが、始まりました。

文法が曖昧で、添削が怪しい先生もいたし
逆に
添削後の文章がレベル高すぎて、低レベルな私に
合わせてくれなかった先生もいました。
(賢すぎて、あのスクールには勿体ない先生でした)


そして、いい塩梅に
私が話すレベルに合った文章に直してくれる
先生が2人、見つかりました。
試験直前まで、2人には何回も添削してもらい
おかげで合格できました。

そうそう、
見つけてから気づいたのですが
この2人、実はとても人気の先生だったらしく
初めて予約の取り合いバトルに遭遇しました。

みんな分かってるんですね!

私が鈍いだけかw
フリートークを楽しんでた先生たちは
予約がいつもガラガラでしたねえ。

でも、目的が違ったからなー

もしまたオンライン英会話をするなら
(やらないケド)
フリートークの先生たちと話したいです。


というわけで
オンライン英会話って
たしかに気軽に受けられますけど
続けるにしろ、楽しむにしろ
なんだかいろいろハードルが高かったです。

タイトルとURLをコピーしました