精神疾患者が精神科医へ期待すべきこと

精神疾患のある人が
精神科医によせる期待の高さに
引くときがあります。

話を聞いてくれない、とか
冷たい、冷たい、と嘆き
聞いてくれるのは良い医者で
聞いてくれないのは悪い医者だと
思ってるぽいです。

「研修とかも受けてるはずなんだから
しっかりやって欲しいよね」
なんて言っていて…
どこまで他力本願なのでしょう。

精神疾患者の話の
訳のわからなさは病的です。
そして
精神科医たちも、ある意味
病的な人たちです。

大量の知識を詰め込めることができ
知識の出し入れにも長けた人が
やる仕事が、医者です。

この手の人たちは、感情面が
わりと、死んでいます。
一般人の想像を絶する激務の中
的確な判断をしながら
バンバン患者を捌いていかなければ
なりません。

冷たいのではなく、冷静なだけ。

精神科医から見たら精神疾患者は
年がら年中、なんでそんなに感情的なの?
なんて、思っていそうです。

右脳と左脳、
優位な脳みそが正反対の人たちが
話すのだから
会話は成り立ちにくいでしょう。

精神疾患者は
やたらと話を聞いてほしがります。
病気だと言ってるその症状は
話を聞いてもらえば治るのでしょうか。

患者が欲しいのは、愛情ですよね?
愛が満たされないのが
辛いのではないでしょうか。

医者は、薬を処方する人です。
親身になってもらいたい、とか
愛情をもらおうとしても
無駄だと思うのです。

調子が良いのか悪いのか、
薬が合ってるのか合ってないのか、
量が多いのか足りないのか、
精神科医が知りたいのは、それだけ。

ならば、患者は
その手掛かりをつかむために
話を聞いているのだから
自分に合う薬や、より効果のある量を
処方してもらえるように話すべきです。

薬がどうこうではなく
ただ、生き辛さを分かってほしい。
つまり、愛情が欲しいのなら
カウンセラーや傾聴ボランティアなどに
話を聞いてもらえばいいのです。
愛を与えたい、人の役に立ちたい、
という人は、います。
きっと、お望みどおり
親身になって聞いてくれるでしょう。

医者に文句垂れてる人をみると
いつも、こんなことを考えてしまいます。
医者のこと、買い被りすぎなんだよ
所詮、賢いだけの人間じゃん
と思ってしまう私も
だいぶ冷たい人間なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました