気持ちが顔に出る人

魅力的に見える人の特徴に
顔の表情があります。

喜怒哀楽がわりと顔に出やすい人は
ハタから見ても分かりやすく
ある意味、安心するらしいです。

上手い俳優は
どのくらい顔を動かすと
今のシーンに最適なのかを
分かって芝居しているので
おおー、と思います。

やり過ぎていると
お芝居シテマス感に興醒めするし
表情に乏しいと
演技に引き込まれにくい。

無表情な人はわりと多いですね。
無表情なのに、接客とかやってたりします。
顔の筋肉が動かなくなってると
笑っても、下の歯しか見えません。

私自身は、気持ちが顔に出る方でした。
それを知ったのは最近です。
何かの集まりで
友人と話している私を撮った写真を
見た時でした。

え?ナニコレ?
やけに楽しそうに話してるかのように
写ってるんですけど…
イヤイヤ、そこまで楽しくもなかったけど?

どうやら、自分で思うよりも
強く、顔に出るようです。
少しでも楽しければ
ものすごく楽しそうに、
少しイラッとしたくらいで
ものすごく怒ってるように…
思われていそうです。

先日、テレビ番組の
マッチングアプリ企画で
ある女性芸人さんを見てた時
この人、同じだ、と思いました。

うれしいとか、困惑とか、
気持ちが顔によく出ていました。

男の人はたまらんだろうなあ
同性の私でさえ
うわ可愛らしいわー、惚れてまうやろー
と思ったくらいです。

気持ちが顔に出る人は
自覚なさそうですし
出さないようには
できなさそうです(私も)

逆に、無表情な人は
それを自覚できたところで
気持ちを顔に出せるように
なれるものなのか・・・
どうなんでしょう?

タイトルとURLをコピーしました