部屋をキレイに保つ自信がない

アパートのことをはじめ
不満愚痴文句記事が続いてしまいました。
引越し後の疲労のせいにさせてw

そう、さんざん使い勝手が~
と文句タラタラだったけど
実は内心…

「キレイ」を保つ自信が、ナイ。

更年期のせいか歳のせいか
(結局自分のせいだけど)
家事をねー、やりたくないんですよー
とっても。
やめられる作業はどんどんやめたいし
手が抜ける作業は抜きたいし
毎日やらなくていいようにしたい。
忙しいから時短で~、とかではなく
単純に、ただ、やりたくない。

私は元々、ズボラです。
母や夫が几帳面だから
自分もそれなりに頑張ってたけど
一人暮らしの時は適当でした。

母方の祖父母は、母に輪をかけて几帳面で
母は結婚して家を出てから
自分の家ではじめて
ホコリが溜まるのを見たくらい。

そんな祖母でも、60代にもなると
ろくに掃除しなくなってたし
母も、さすがに70前には
すっかり雑でした。
食器なんて、洗ってるというよりは
撫でてるだけで、薄汚かったです。

病気のせいもあるけど
「3ヶ月もトイレ掃除を放置してた」
と、聞いたときはさすがに( ゚д゚)

私がやりに行けたらよかったけど
その頃は私も
体調不良とか精神的にも不調で
母を避けていた時期だったのでねー
(特別仲が良いわけではない)
母も遠慮して言わなかったんだろうな。

ホームに入って、母の家事の負担は
だいぶ減りました。
正直、満足はしてないみたいだけど
しかたないですね。
歳とると、あきらめと割り切りの連続だなー

食事は提供されるし(昼夜のみ)
掃除はルンバに適当にやってもらってます。
動くルンバを二人で見守ってるらしいw
トイレは洗剤ぶっかけるだけ。
風呂はブラシで撫でるだけ。
あとは洗濯物を干すくらいかな。
母はもう、力が無く
洗濯物を干し場まで運ぶのが
今では父の仕事です。

運動しろしろ、と
医者も介護従事者もやかましいので
時々、朝のパンとか買いに
二人で近くのスーパーまで歩いてる
ようです。
ああ、一応デイサービスにも通って
運動してるけどね、週1だけ。

…と、親の話になっちゃったけど
私も家事を減らしたいので
ちょっとだけ、うらやましいw
家事って、死ぬまで付きまとうんだなと
しみじみ実感しています。

前にこんな事書いたけど
夫のお義母さんは80代。
でも、お家はめっちゃキレイです。
スゴイ。
生粋の几帳面さんなんでしょう。

…ウチはみんなニセモノだな( ̄▽ ̄)

今は、家事も金で解決できる
時代になりました。

でもね、よく考えてみると
昔は洗濯機も掃除機も無かったけど
エアコンも冷蔵庫もガスコンロも無いし
あんな複雑な換気扇も無かったんですよ。
トイレだって和式のボットンとかでしょ。

掃除といえば単純で
水で洗うだけ、拭くだけ、掃くだけ。
今はそれぞれ専用の洗剤があって
アレには使えるけどコレにはダメ、とか
外したり取り付けたり
拭いて掃いて吸って浸けて磨いて…って

複雑すぎる!

便利さの代償に、不便さが発生してるよね。
こういうのも
家事が嫌になってくる理由のひとつなのかも
しれません。

結局グチになってしまった。
グチ製造機になってる(ー ー;)スマン

ま、ほどほどにやっていきますわー

タイトルとURLをコピーしました