閉経目前だけど子宮摘出した話 その2

その1はこちら
その3はこちら
その4はこちら

子宮摘出をする決意ができたのは
プロテインのおかげです。
手術する一年くらい前に
たまたま藤川徳美先生のブログを読んで
私に必要なのは、もしやコレなのでは?
と思い、飲み始めていました。
貧血の人って、基本的に…

ネガティブなんですよ。

でも安心してください。
それはアナタの性格ではなく
貧血のせいなんです。

私もずっと
メソメソクヨクヨしてました。
やる気も出ないし
体も思うように動かないんだから
メンタルやられるのも当たり前です。

貧血かどうかは、必ず
病院で血液検査を受けて
数値を確認してくださいね。

「アタシ貧血でよく倒れちゃうの~」
と、言ってるだけの人は
脳貧血か低血圧か栄養失調か
病弱アピールか、かまってちゃんです。

また、プロテインや栄養の話は
医者にはしない方がいいです。
藤川先生も散々言ってます。
誰を信じるかは、アナタ次第です。

プロテインが飲めてくると
頭がクリアになってきて
少しずつポジティブになってきて
正常な判断ができるようになってきます。
私も、手術を決意できました。

プロテインの飲み方は
藤川先生のブログに従ってやらないと
失敗するかもしれません。
先生のブログを読解できない人や
信じられない人は
残念だけどあきらめた方がいいです。
再び、誰を信じるかは…

プロテインは
健康維持なら体重gで足りるかも
しれませんが
私のように体調不良改善のためなら
体重の1.5倍gは必要だと思います。
つまり、アスリート並み。
1日にザバスのパック1本、くらいでは
効果は望めません。

私も手術をする前までの4ヶ月くらいは
取り憑かれたようにガバガバ飲みました。
おかけで体調万全で臨め
術後、痛み止めはほとんど必要なかったです。
退院後もガバガバ飲んだから
術後の経過も順調でした。

検査して貧血と分かると
鉄分が足りない、とだけ思うかもしれませんが
過多月経だった私は
血液、体内の血量そのものが不足していました。
血液検査では、この判断はできません。

もし私のような人だったら
結局、出血の元を止めるしかない
と、結論を出せるまでは
プロテインを飲んで
まずは貧血でやられた
メンタルの回復に努めてみてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました