両親の住居はまるで高級ホテルのよう

両親が入居した有料老人ホームは
田舎のこの町では、めちゃめちゃ…

浮いていますw

低い建物しかない町で
高層ビルのようにそびえ立ってます。
私のアパートから出たら、もう見えてるし
車でどっか出かけて戻ってくる時も
「ああ、アレか」
ってな感じで、遠くから見えてますw

ま、城下町ではないせいか
道があちこち曲がりくねっているので
目指すべきアレが見えてても
すんなりとは行けないんだけどね(-“-)

祖母が入ってた所は山奥だったので
うーん、例えるなら…リゾート風?でした。
両親の場合は、高級ホテル風。
ロビーがあって
アレがフロントか?と思ったらそこが事務所。
でも、ウロウロしてるのは
大半が介護関係者です。
ほら、ウロウロできる老人って

限られるじゃないですか。
有料老人ホームの住民か
高齢者だけどまだ健康な人だけなので…
(そういう人用住居はさらに上階)

だから、結構騒がしいです。
特にデイサービスの運動担当っぽい人たちは
無駄に元気で楽しげでゲラゲラ笑ってたり…
苦手ですw

部屋までは、エレベーターで行きます。
中途半端にセキュリティがしっかりしててw
あちこち鍵をかざしてロックを開けないと
部屋までたどり着くことができません。
鍵を忘れたらお手上げ。
覚えられるか心配したけど
「みんな覚えますし慣れますよー」
と言われていたとおり
おぼつかないながらも何とかできているようです。

部屋の中はもちろんバリアフリー。
洗面所が妙に広めで
トイレにドアが無い作りなのが
介護仕様だなーと。
車いすとかでも入れそうです。

なのに先日、母は洗面所で
転倒したそうで( ゚д゚)
スリッパの裏の縫い糸が
何かに引っかかったとかナントカ…
尻にアザができたと言ってました。
糸が激しくほつれて、捨てるのかと思いきや
懲りずにスリッパを縫って直してました。

母は昔からよく転ぶ人です。
落ち着きがないんですよ。
前にもベッドから落ちてるし
まだ70代なのでアザで済んでるけど
いつか寝たきりコースになりそう。
めんどくせえ(ー ー;)

一番、ホテルっぽいなーと思ったのは
建物全体が、常にあたたかくて
天気も分かりにくい点。
もう10月、前の家は恐ろしく寒くて
相当着込んでコタツも完備してた時期ですが
この高級感漂うホームではw
暑がりの母はもちろんブラウス一枚、

寒がりの父まで長袖シャツで過ごしてます。
先日、コタツテーブルを買ったんだけど
コタツいるのかなあ?

私だけが、ひんやりした部屋から
せっせと歩いてやってきて
(雨の日はマジで寒くて陰うつ)
この部屋で汗だくになり
帰りはまた冷え切ったアパートに戻る、という
身体に堪える仕打ちを受けておりますw

ケアマネさんに
「季節感を失っていく」
と言われた意味が、分かる気がしました。

まあもうそれでもいいんじゃない?
この先はもう、失うばかりなんだからさー
とも思うけどね。

タイトルとURLをコピーしました