算命学:バランスが悪い人は、工夫が必要

身弱でエネルギー値が少ない場合は
ささやかに生きるのが良く
身強でエネルギー値も多かったら
何でも思い切りやって、生き抜くのが
いいと思います。

こういうタイプは
ある意味、バランスが取れています。

バランスが悪い例としては
身弱で、エネルギー値が多い場合。
軽自動車にジェット燃料を入れてるような
命式の人が、たまにいます(面白いですね)

消費するのが大変なのかなーと思ったけど
体を動かすよりも、アホみたいに勉強したり
研究したりするのが向いているようです。
脳みそで消費するのも良いらしく
それなら身弱でもできますよね。


というわけで
ああ~、ちょっとカワイソウかも…
と思ったのは、反対の

身強で、エネルギー値が少ない人。

あるブロガーさんがそうでした。
いろいろやりたい、成功させたい、
ビジネスにしたい、って頑張ってるけど
やる事をコロコロ変えては(天報星ナシ)
ガス欠、起こしてます。

身強さんが、命式や大運の影響で
身弱さんとして過ごす時期はありますが
エネルギー値は、一生変わらず
増えることも減ることもありません。

身強なのに、なぜか頑張れない。
頑張りきれないのは
飛行機に灯油を入れて飛ぼうとしている…
からなのかもしれません。

解決策としては
人を使うしかなさそうです。
よそから、ジェット燃料をもらう。
エネルギー値の高い人を
助っ人にできるといいですね。

「お願いして」やってもらうのか
「命令して」やってもらうのかは
身強さんの命式次第でしょう。


私も現在、大運天中殺で身強の星が
巡ってきています。
普通のエネルギー値なので
足りなくなりそうです。
でも、一人が気楽でいい!
自分でやれる範囲でいい!
というタイプなので
残念ながら
うまく活かせない可能性が高そうです。

タイトルとURLをコピーしました