算命学で自分を占ったら:大運、年運

三柱異常干支の人は
調べても無駄らしいけど
せっかく調べたし、面白かったので
メモしておこうと思います。

私の命式の陰占で、もう一つの特徴は
地支一気格で地支が全て同じ
つまり、干支のバリエーションが少ない

と、いうことは~

大運や年運と、日月年の3干支の
組み合わせで運勢が決まるんだけど
ほぼいつも、3点セットになる

例えば
ある年運は半会が3つ成立、
ある年運は支合が3つ成立、
ある年運は害が3つ、
ある年運は自刑が3つ、みたいな感じ
空っぽの年運も結構ある

一般的には3干支はバラバラで
合法や散法がもっと入り乱れて
いかにも吉凶混合って感じの年が
ずーっと繰り返されるようですが。

大運も同じです。
今までは3点セットで支合や半会
もしくは空だったけど
今は天中殺大運で、日干支と月干支の
2つだけが干合。
これは私にとっては、珍しいです。
そして
次の天中殺大運が、な、な、なんと!(楽◯風)

天剋地冲3つ。

…わー、人生粉々ですか。
まあ、インド占星術でも
このあたりの私は
マハーダシャーがラーフ期なので
分かってたし、分かってるけど

恐ろしいですぅー(棒読み)

ちなみにインド占星術では
ラーフ期は死にそうになっても
ダイハード、なかなか死なないらしいので
まさに、生き地獄を味わうのかも
しれません。

…私のラーフって
マーラカ在住なんですが。

算命学では
人生はパイプやホースのようだと言います。
天中殺期は
パイプに穴があいてるところ、もしくは
パイプが切れているところを通過します。
だから、あなたは宇宙空間に放り出されてしまい
通常とは異なる状態を過ごすことに
なるんだそうです…普通の人は。

異常干支のある人は
あちこち穴だらけなのでしょうか。
私のような、三柱異常干支ともなると
そもそもパイプがないらしいです。
はじめから、宇宙空間に放り出されている状態。

なので、3点セットで合法や散法がやってきても
良いのか悪いのかよく分からないし
(鈍いだけ?)
天中殺期も、影響は弱いらしいです。
いつとどおりの、変わった生活。
いつもどおりの、違和感のある人生。

うーん
ちょいちょい、影響あった気もするけど
なんとも言えません。
強いていえば、大運天中殺期に入り
普通の生活、普通の人生から
離れることができて助かりました。

そもそも
一気格は、変わり者、はみ出し者。
三柱異常干支も、以下同文。
それに
歳とってからの大運天中殺は
影響が弱いらしいので…
今後の人生も、何もなさそう。

何かあったら、ネタにします。

タイトルとURLをコピーしました