(算命学)天報星が3つの私

算命学に、十大主星というのがあります。
私は、命式のそれが3つとも
天報星なのです。

マニュアル的説明だと
「天報星は、不安定で多芸多才。
器用貧乏になるから
早いうちから一芸に秀でるよう
努力するといい」
んだそうです。

…うるさいな。

器用貧乏の何が悪い
飽きっぽくて何が悪い
一芸に秀でたい、なんて考えないのが
天報星なんだよ
ただ、いろいろ体験したいだけ
満足したら、次に行きたいだけ

人生なんて、たかが思い出作り
毎日ロボットみたいに過ごして
意味あんのか
この変化の激しい時代に
よくこんな事、いまだに言ってんな

…口が悪くてスイマセン。

他には
こんな事を書いてる人も。

「そこまで興味があるものが
世の中に少ないないんですよね、
天報星の人って。
だから、答えのないものがオススメ。
学問とか、芸術とか、研究とか」

…うーん、そうかもしれないけど
そうでもないような。
熱しやすく冷めやすいので。

さらには、こんなのも。

「天報星は
成功を目指すとうまくいかなくなるので
目標とか立てない方がいい。
仕事よりもプライベートを充実させた方が
うまく回るようになる」

コレはすごく分かる気がします。
というか
ずーっとそういう感覚だったのに
社会の強烈な
「働かざる者…」圧力に負けて
嫌でも働き続けた時期がありました。

もちろん、仕事にハマって
夢中で働いていた時期もありましたが
それはほんの数年だけ。
残りは、我慢、我慢、ひたすら我慢。
そして体が壊れました。

その後も長い間
働かなければいけない、
でも働きたくない、
という葛藤に苦しみました。

恐ろしい呪縛でしたが
最近やっと、呪縛が解けてきた
気がします。

仕事で成長とか成功とか
もう、考えなくてもよくない?
勉強した事を活かさなきゃ
と、こだわってるから
進めなくなってんじゃない?

…ホントだ。

もっとシンプルに考えて
その時、やってみたい事を
やってみればいいのかな~
と、思えるようになりました。

世間一般の考えには
迎合しない方が
天報星が活かせそうな気がします。
特に私は3つともですから。

タイトルとURLをコピーしました