冷え性や貧血の原因は、血量不足

まだ30代前半の頃
40歳くらいの職場の女性が
「こんなの履いてるんだ~」
と、笑いながらズボンのすそをめくり
見せてくれたのが
薄手のレッグウォーマーでした。

当時の私は
レッグウォーマーなんて
エアロビの人が履いてるヤツ
のイメージしかなかったので(古いw)
そんなの履いてんのか、ダサッ!
と思ってしまいました。

そんな私が40過ぎた頃に
愛用し始めたのは
とてつもなく分厚い
ロングレッグウォーマーでした(汗

あの頃は
体調不良で、年中寒がってました(-“-)
橋本病のせいもあったかもだけど
特によろしくなかったのは
貧血だったなと、今では思います。

いまだに、クラッと倒れるようなのを
貧血だと思っている
無知な人がいるようですが
貧血とは、医学的には
ヘモグロビン値が低いという意味です。
つまり、鉄不足。

いまだに、ホウレンソウやヒジキを
食べればいいと思ってる
時代遅れな人がいるようですが
そんなペースじゃ一生治りません。
とっとと鉄のサプリを飲めば済む話。
(藤川徳美先生いわく、ヘム鉄はダメ)

でも実は、私には
イマイチ効果がありませんでした。

私の場合、ヘモグロビン値が低いだけでなく
赤血球の健全度?みたいなモノを表す数値も
異常でした。

貧血には他にも原因があり
重篤な病気が潜んでいることもありますが
私はそれでもなく。

長い間、理由が分からないながらも
勉強を続けているうちに
やっと発見したのが、私は

体内を流れる血の「量」そのものが、少ない

という事実でした。
血量が少ないから、赤血球も少ないのです。

鉄は、赤血球の中にいますが
乗っかれる量、定員が決まっています。
そもそも血量、赤血球が少ないと
いくらサプリで鉄を補充しても
乗れる赤血球が無いんですよ。
だから、ウ○コが黒くなるだけ。
つまり体外に無駄に排出されるだけでした。

鉄不足なのに、鉄サプリを飲んでも
貧血がなかなか良くならなかった原因は
これでした。

また
赤血球は、酸素を運ぶのが仕事です。
「運ぶ」とは、赤血球の中にいる鉄が
酸素と結合し「酸化鉄」の状態になって
血管を流れます。
んで
体内で、酸素が不足したところに来たら
酸素を離すことで、供給するのです。
こんな感じ)

赤血球が少ないと、運べる酸素も
減ってしまいます。
だから、息切れするのです。

女性は生理で毎月出血するので
大半の女性は、貧血になりやすいです。
私の場合は、さらに悪いことに
徐々に過多月経になっていったので
悪化の一途でした。

結局、元栓を止めるべく子宮を摘出し
プロテインをアホみたいに飲み
鉄サプリも一緒に飲むことで
徐々に、貧血からは解放されました。
血量が増え、赤血球が増え
今では
病的に寒がることも無くなりました。

あ、唇の色も良くなったヨ!
レッグウォーマーは相変わらず
履いてるけどw
(冷えとり健康法の名残り)
寝るときには、二の腕にもはめて寝てます。
冷えて五十肩になったからさ~

現代医療で
体内の血量って、測れるのかね?
測れるものなら測ってみたいし
どのくらいが適量なのか知りたいなあ。

「ワタシも貧血だし冷え性だし
血量そのものが少ないのカモ?」
と、思い当たる節がある方は
まずはプロテイン爆飲みから
始めてみてください。
あ、その前に血液検査をして
フェリチンやBUNを確認してね。

タイトルとURLをコピーしました