システマチックな免許更新と、アナログ全開のお役所

先日、N古屋に数日間滞在して
免許更新してきました。
新しくなった免許センターは
とってもシステマチックでした。
順路に従い、あちこちぐるぐる回って
無事完了。

メガネもちゃんと持って行きましたよ!
(メガネを作った話はコチラ
視力検査のおじさんに
「メガネ持ってきました!」
と、聞かれてもないのに元気よく申告しw
裸眼でいざ検査。

メガネ屋のおじさんの話とは異なり
なんだか、ゆるかったです。
やっぱりあまり見えなくて
何度か検査を繰り返したんだけど
「これは見える?ホラさっきと同じだよ」とか
そんなんでいいのかよーw

結局
「ギリギリだねー」とおじさんに言われつつ
裸眼で合格の運びとなりましたが
「免許証には書かないけど
かけて運転した方がいいかもね」
とも言われました。
そこは、メガネ屋さんと同意見ですね。

次回は5年後。
絶対、要眼鏡になりそうだな。
ってか、もう日常的にかけてるかも…
老眼で(ー ー;)

5年前も、帰りはカフェに寄りました。
今回入った店は
店内が暗く、席も詰まってるのに
みんなマスク無しで食べながら
喋りまくってました。
N古屋の人って、ホント
老若男女やかましいんだよな(-“-)

残りの数日は、また少し荷造りしたり
いろいろ買い込んだり
この期に及んで
クレジットカードなんか作ってしまいw
滞在中にタイミングを合わせて
なんとか受け取ったり。
夫とも、積もる話をしながら過ごした後
戻りました。

…さぶっ。


さて。
私は長年、IT業界で働いていたせいか
(向いてたかどうかは別)
システマチックな仕組みが好きなので
今回の免許センターや
N古屋のワクチン接種会場なんかも
すこぶる快適でした。

逆に、ものすごーく苦手なのが
お役所系。

他にも、昭和のまま
時が止まったような会社も嫌いです。
タイムカードとかファックスとか
タイプライターとか、紙の書類を
バサバサ扱う会社に勤めた時は
そこにいる人間も昭和臭ぷんぷんで
(男尊女卑的な雰囲気)
人生イチの黒歴史になりました。
消滅してほしい。もう令和だっつの。

お役所もねー
超アナログじゃないですか。
デジタル化も中途半端で
マイナンバーカードを作った時も
スマホであれほど
複雑な登録をやらせるくせに
最後は結局
役所に出向かなきゃならないって…
意味不明すぎるでしょ(-“-)

窓口の人に、当たり外れがあるのも嫌。
今までも、ハズレに当たって
国保の保険料を嘘つかれたり
国民年金に付加年金をつけたかったのに
手続きできてなかったり(-“-)

親も、引越し先の市役所で手続きして
保険証を発行してくれたけど、数日後
「間違えたので、返送してくれ」
と電話が来ました。
他にも介護保険絡みでグズグズされて
ケアマネさんが困ってました。
ああ、難病申請もグダグダだったなあ。
保健所めー

都会だろうが田舎だろうが
アナログ感満載なのがお役所系。
個別対応はお得意かもしれんが…
それも人によるしね。

マイナンバーカードも
ようやく便利に使えるようになる頃には
もう生きてなさそうですw

タイトルとURLをコピーしました