英会話レッスンで遭遇した、いたたまれない日本人生徒

私が英会話を習いたかった理由は
「外国人と話したい」
が、出発点だったので
英会話教室に行くと
日本人同士で練習させられるのは
「なーんか、違うんだよなー」
と、内心思ってました。
まあ、それでも楽しいクラスもあったけど。

なので
世界中の人が学ぶオンラインレッスンを
体験してみたことがあります。
(スクール名は忘れました。
今もあるかも分かりません…)

こちらはグループレッスンで
10人以上の場合もありました。
そうすると、誰かしらに通信障害が起き
先生がサポートしている間中
ずっと待たされたりして、結構面倒ですw

先生もワールドワイドでした。
日時は選べたけど
先生は選べなかったような気がします。

1回目は、先生がちょっとハズレで
なんだか幼稚園みたいでした。
レッスン中は、大人の生徒なのに
園児に話しかけるような口調で
何かと画面にでっかい花丸を描くし…
レッスン後のレビュー欄に
「childish」と書いてしまいました。

2回目は、一番楽しかったです。
ブラジル人の生徒さん2人と私、の
3人だけでした。
時差の関係で、私は午前中で
彼らはたぶん夜(違ったらスイマセン)
私が一番レベルが低くて申し訳なかったけど
彼らは優しく明るくて、先生も感じよくて
ゲームみたいなこともして盛り上がり
とっても楽しいレッスンでした。


そして、問題の3回目。
実に苦々しいレッスンでした。

確か週末で、生徒数も多く(10人以上)
初めて日本人の生徒と遭遇しました。
おそらく30代くらいの男性。
なぜか先生に
「日本人同士、お互い自己紹介してー」
と促されました。

私は内心「イヤだな」と思いつつ
お互いさらっと自己紹介すると
さらに先生が、相手の方に「もっと質問しろ」と。

どこの国の先生かは忘れてしまいましたが
私が受けたニュアンスは
男性たるもの、女性には声かけるべし!
みたいなw
ラテン系なお国柄だったような気がします。
(これも偏見?)

私は、また嫌な予感がしていました。

そして、彼がどうにかひねり出した質問と
やりとりが、こちら。

彼「子供はいますか?」
私「いません」
彼「あ、ゴメンナサイ」
私「(無言)」

そして
他の生徒さんも、先生さえも
黙ってしまい
変な「間」が空きました。

…ナニコレ公開処刑なの?

ってか
子供いないと「かわいそう」発想って
外国人には伝わらないから
マジでやめて!

あー、もー、最悪。


実は自己紹介の時から
「あ、コイツダメそう」
って思ってたんですよ。
「結婚していて○歳と○歳の子供がいます」
と、言ったので。

よりによって「家族構成」を
自己紹介に使うなんて…
気遣いゼロ、いやマイナスとしか思えません。

世界の人々は
日本人とは比較にならないくらい
家族構成が多様で
とてもsensitiveな話題の一つです。

実際、このレッスンで
こんな自己紹介をしたのは、彼だけでした。

嫌な予感、的中したよ…(-“-)

その、変な「間」の後
先生は何かを察知したのかw
何事もなかったかのように
レッスンを進めてくれましたが
内容は全く覚えてません。

こんな日本人生徒に
また出くわしたくなかったので
このスクールは、体験だけで終了しました。

プンスカしながら、夫にこの顛末を話すと
「俺も子供いるか聞かれて、いないと答えたら
『すいません』って言われたことある!」
とのこと。

だいたいさー!
日本人女性で子供がいたら
子供の話しかしないんだから
「しない=いない」
と気づかない鈍さにも
コミュニケーション能力の低さを感じるぞ!
などと、しばらく二人で憤慨しましたw

外国人と話す機会が増えてくると
日本人同士の会話と違うなー
と思うことが、増えてきます。
触れる話題とか、流れとか…

日本人はいきなりプライバシーに
踏み込みすぎる気がします。
家族構成やら肩書やら…
(自分ではなく旦那の会社名を言う人もいたなあ)
まぁ、これこそが「ザ・日本人」の
会話なんだけどさっ

でも外国人はね、やっぱり私の苦手な
服とかアクセサリーとか髪型とかを
褒めてくるのが多いんですよねー
こんな感じで。
ま、見た目で得られる情報のみで
会話しようとする点が
大きく違うかな。

というわけで
偏見まみれになりましたが
英会話初級者の日本人は
発言内容によっては
変な空気を作り出すよ!
という話でした。

タイトルとURLをコピーしました