橋本病:甲状腺の数値は良いのに

コロナ禍でもあり
なかなか行く気になれなかった
甲状腺の検査に行ってきました。

何年も体調不良で、3年前くらいに
やっと橋本病と診断されました。
しかし
この病院が常に激混みなのと
先生がイマイチで…

前回は婦人科の病院で
血液検査の時、先生に頼みこんで
検査項目に追加してもらって済ませました。
結果は一番、悪かったです。

もう婦人科にも用はないし
今回は、別の病院に行ってみたら…

大当たりでした。

とても丁寧な先生でした。
受付は残念でしたが、空いてたし
良い所でした。

藤川徳美先生のブログを参考に
プロテインを飲んで
コツコツ頑張ってきたから
少しは改善されてるのではと
期待していました。

血液検査の結果は
前回よりは、ずっと良くなってました。
正常まではいかないけど
かなり軽度になっていました。
うれしかったです。

先生も
「このまま死んじゃう人が
ほとんどだから、心配ないよ」
とか言ってくれて(独特な励まし方w)
プロテイン続けよう、と
改めて決意しました。

超音波検査でも、丁寧に説明してくれ
なんと先生まで、自分の甲状腺は
こんな感じでねー、と
突然、自分の喉にエコーを当て始めたのです。

そしたら
私の甲状腺の方がキレイで
二人で笑ってしまいました。

血液検査ではさらに
フェリチン値は85、BUNも20
なかなかの健康体になってきました。

そう、うれしいはずなんだけど
数値ほど、元気になった実感がないのは
なぜなのでしょう。

なんか、憑いてるのでしょうか。
運動不足がひどいだけでしょうか。

健康への探求は、まだまだ続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました